mugi2016.7.2(土) 〜9.11(日) まで、多摩美術大学美術館において「大拙と松ヶ岡文庫展」が開催されます。〈鈴木大拙〉が何を愛し、何を感じ、50年後に生きる我々に何を遺そうとしたのか……、是非ご覧ください。

「禅と仏教文化そして日本の精神を世界へ伝えた鈴木大拙(1870~1966)。その言葉は没後五十年を迎える現在も国境を超えて普遍に響き、顕彰と影響が止みません。
 松ヶ岡文庫は約七万冊の仏教書籍を蔵する日本有数の文庫。大拙により昭和二十年(1945)、北鎌倉に設立されました。また大拙が起居し研究と執筆を続けた場所として知られ、実際に用いた書籍や書簡などゆかりの品々を数多く伝えています。〈鈴木大拙没後五十年記念展の「心」〉より抜粋」

その他、【講演会】【トークセッション】などもございます。

詳しくはこちら〈
多摩美術大学美術館〉http://www.tamabi.ac.jp/museum/exhibition/160702.htm 

ノンブル社HP→ http://www.nonburusha.co.jp/