ノンブル社

ノンブル社のブログです。既刊、新刊の書籍案内、その他お知らせなどを掲載いたします。 お問い合わせはページ右下のメールフォームから、もしくは03-3203-3357にお電話ください。

鈴木大拙 没後50年記念出版 
☆第1弾 ! 無量光・名号〈英文対訳〉鈴木大拙
☆第2弾 ! 妙好人、浅原才市を読み解く〈英文対照〉鈴木大拙
☆第3弾 ! アジアの社会倫理の底流と仏教思想〈英文対訳〉鈴木大拙 

http://www.nonburusha.co.jp/
http://nonburusha.m.blog.jp/

真言 ミャンマー

タイトル:
ミャンマー乞食旅行
著  者:
遠藤祐純(真言宗智山派蓮花寺住職・蓮花寺佛教研究所
本体価格2,600円+税
四六判・上製・ 
2002/02 刊
ISBN 4-931117-59-7


【日本図書館協会選定図書】
[留学僧、パコダの国を行く]
私ちの想像の及ばない厳しい生活下にありながら、ミャンマーの人たちは、優しい笑顔を絶やすことなく、私を包んでくれた。彼らに接するたびに、私たちがすでに失ってしまった、豊かでやさしく他を思い遣る心根に触れ、心はゆっくりと搖蕩うのである。この思いを、このささやかな旅行記を通じて伝えたいと思った……(本書より)

続きを読む

真言 北の南の

タイトル:
北の仏教・南の仏教  塔のある風景
著  者:
遠藤祐純(大正大学名誉教授・蓮花寺仏教研究所代表
四六上 本体価格2800円+税

2002年02月 刊
ISBN9784931117594 (4931117597)0015

【日本図書館協会選定図書】
インドに端を発して、初期大乗から密教に至る複雑多岐な発展形態をもつ大乗仏教を一括して北の仏教とし、今日なお初期仏教を偲ばせる南の仏教との同異を北の仏教・南の仏教として概観。さらに仏教伝播の地に直接足をはこび、その土地土地の風土、文化を考慮しつつ、ささやかな比丘生活の経験を交えながら仏教の雰囲気を塔のある風景に述べる。仏塔の写真を多数掲載。 

真言 続・風鐸

タイトル:
風鐸
著  者:遠藤祐純(大正大学名誉教授・蓮花寺仏教研究所代表
四六上 
本体価格2300円+税


【日本図書館協会選定図書】
風鐸とは本堂の隅木に吊るされた銅製の鈴である。吹き来
る風に時折風雅な音を響かせて、存在を気付かせてくれる。心に吹き寄せる業風に、読む人の心の底で、幽かであっても、何らかの音色を奏でてくれればとの願いを籠めて「風鐸」と題した。自然の姿・社会現象の中に、弘法大師の教え導きを見いだす珠玉の随筆

冬の旅

タイトル:モンゴル 冬の旅
著  者:橋本光寳

四六上 本体価格2800円 +税

日本のチベット学の先達、河口慧海に師事した著者が綴る、戦中のモンゴル、その旅の貴重な記録。単なる旅行見聞記ではなく、内モンゴルにおける3年間のラマ修行の経験と学識を踏まえ、現地の実情を正確に把握し書き残している。第二次大戦中の日本と内モンゴルの関係史研究にも欠かせぬ必備の書。

続きを読む

タイトル:小川義昭和尚撰集 まほろば

著  者:まほろば刊行会 

本体価格14286円+税
A5上・708頁・口絵 

四十九歳の若さで遷化された真言僧侶義昭和尚の遺稿集。乙宝寺方丈殿の再建とその
落慶に際して舞楽付き庭儀大曼荼羅法要を厳修する。事相・教相とそのご事績は多岐にわたり、本書は大曼陀羅供に関する研究成果や実際に行われた法要の記録を中心に、以下の四部より構成されている[Ⅰ教学/Ⅱ曼供/Ⅲ乙宝寺史誌/Ⅳ雑篇]。「まほろば」とは、和上のお言葉「共々に菩薩となりて、私たちの心のよりどころとなる御堂を造るのがまほろばの夢」よりなる。






↑このページのトップヘ