ノンブル社

ノンブル社のブログです。既刊、新刊の書籍案内、その他お知らせなどを掲載いたします。 お問い合わせはページ右下のメールフォームから、もしくは03-3203-3357にお電話ください。

鈴木大拙 没後50年記念出版 
☆第1弾 ! 無量光・名号〈英文対訳〉鈴木大拙
☆第2弾 ! 妙好人、浅原才市を読み解く〈英文対照〉鈴木大拙
☆第3弾 ! アジアの社会倫理の底流と仏教思想〈英文対訳〉鈴木大拙 

http://www.nonburusha.co.jp/
http://nonburusha.m.blog.jp/


岩宿岩宿遺跡の発見者

—人間“相澤忠洋”を語る—
相澤貞順 著


戦後、納豆売りの行商をしながら考古学研究を続け、岩宿遺跡を発見。ついに縄文時代以前に遡る日本人の黎明期を証明した相澤忠洋氏。高度経済成長期の各地発掘調査を共にした著者が明かす魅力ある人間性と知られざる努力の半生


B6判・定価1,450円+税 
ISBN
978-4-86644-008-8 C0020

TantoraChuチベット語資料のみが現存する
パドマヴァジュラ造『タントラ義入註釈』の和訳本が出来ました!!

あわせて読みたい
『タントラ義入』和訳 全

 評→スダン・シャキャ種智院大学准教授
仏教タイムス2017.11.9 

11月18日(土)14 : 15開場〜
今年も東洋大学文学部伝統文化講座 聲明公演が「智慧の梵風に吹かれて」と題して開催されます
紅葉の中、訪れてみてはいかがでしょうか? 一般の方々も自由にご鑑賞いただけます
入場は無料、お申し込みも不要です

02 toyo2017チラシ-オモテ03 toyo2017チラシ-ウラ

高橋尚夫宗学究所指導教授(大正大学名誉教授)が、四章「問疾品」を講義。聖徳太子以来、日本仏教で最重要視されてきた菩薩の生き方を説いた。

高橋教授は1999 年7 月、大正大学綜合佛教研究所調査団としてチベットボタラ宮に入り、現存しないと思われていたサンスクリット写本を発見。「原典の発見で訳の混乱が解消された」と語った。

「悟っているがあえて輪廻を受け入れる」菩薩の生き方を解説。「縛られている人が縛られている人の縄を解くことはできない。

それと同じように自分が(苦から解放されていないのに他人を解放することはできない」と話した。

毎回出席している白石凌海現代教化研究所研究員は、「かつて興福寺で行われていた維摩会が現代に蘇った」と称賛。次回は9 月19日午後1 時から。講座の成果は『維摩経ノート』として、ノンブル社から順次刊行中。2017・6・29仏教タイムス記事、抜粋






















































































































































































↑このページのトップヘ