ノンブル社

ノンブル社のブログです。既刊、新刊の書籍案内、その他お知らせなどを掲載いたします。 お問い合わせはページ右下のメールフォームから、もしくは03-3203-3357にお電話ください。

釈摩訶衍論の新研究 早川道雄

【この書籍を推薦します】
▶︎村主康瑞○今後の真言教学研究に大きな指標
▶︎福田亮成○『釈摩訶衍論』研究の第三の書
▶︎末木文美士○『釈摩訶衍論』再発見の機運を作る
▶︎木村秀明○論理的矛盾や理論構造の破綻などを果敢に焙り出す

☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆

◎鈴木大拙 没後50年記念出版 
東西霊性文庫7 無量光・名号〈英文対訳〉鈴木大拙
東西霊性文庫8 妙好人、浅原才市を読み解く〈英文対照〉鈴木大拙
東西霊性文庫9 アジアの社会倫理の底流と仏教思想〈英文対訳〉鈴木大拙 
https://www.nonburusha.co.jp/

新年  第1弾 !

buttai2021


皆様のご多幸を心よりご祈念申し上げます



仏教タイムス様、書評をありがとうございました

2021.1.1
〔徳山托鉢から禅の奥深さたどる〕東西霊性文庫11
百六十七文字の公案 竹之下正俊
ISBN9784866440224 C0315  定価2,600円+税



読者カード読者の方々よりご感想をいただきました】

●少しずつ読ませていただいております
●誠に綿密な作業に驚き畏怖の念すら覚えました
●これから何度も読みまして幾分なりともご理解されているところに私も近づきたいと存じます
●まだ最初しか読めていませんが、あの短い原文にこれほどまでの深い意味があるなんて、
難しかったですが興味深かったです
●読んでみてとても手に負えず途中で投げ出してしまいました。これからゆっくり時間をかけて読んでみたいと思います
●禅については不勉強で知識もなく「公案」とは? を調べるところから読みすすめています
●いつか禅宗と中世真言との関わりを勉強したいと思っております
●下巻もあるとのニュース、これまた期待致して居ります
●続編が予定されているとのこと、楽しみです

9784866440224

東西霊性文庫11
百六十七文字の公案

徳山宣鑑とふたりの学人
竹之下正俊 著

目次
1 徳山托 鉢
 

2 若き日の周金剛(徳山宣鑑) 
3 禅僧への道のり    

4 龍潭滅燭あるいは徳山焼疏  

5 うわさの大潙山へ  

6 婆子(婆ァさん)の禅 

7 志賀直哉の禅 

禅話好きの志賀直哉が感泣したという無門関「徳山托鉢」章は、徳山禅師最晩年におきた弟子の雪峰、その兄弟子巌頭をも巻き込んだ、叢林における昼飯前の騒動が主テーマ。

老徳山と若き学人たちとの法戦を画く、百六十七文字からなる公案を読む

B6判・288ページ・2600円+税 

 

『釈摩訶衍論の新研究』早川道雄 著
02 Shakumakaウラ01 Shakumakaオモテ


スキャン 2020-09-23 12.02
中国新聞 2020.9.20


https://www.nonburusha.co.jp/data/index.html

2020.6.23 聖教新聞

D789D103-C92E-4843-A02C-5A83A2BBB495

↑このページのトップヘ